オゾン層破壊指数ゼロの断熱材の開発に着手。 気体にフロンではなく炭化水素系発泡剤を採用した新断熱材「ギルフォーム」

防水材のトップメーカー アイシーケイ株式会社
ホーム > 製品情報 > 硬質ウレタンフォーム断熱材
会社概要
施工事例
製品情報

環境への配慮

我が社のヤリガイ
採用情報
サイトマップ
硬質ウレタンフォーム断熱材

断熱材イメージ

品名 ギルフォーム
JIS A9521 基材による区分 硬質ウレタンフォーム断熱材
種類(製品記号) 3種1号D(PUF3.1DU)
熱伝導率(λ)W/m・K 0.023
品名 VTボード
JIS A9521 基材による区分 硬質ウレタンフォーム断熱材
種類(製品記号) 3種1号D(PUF3.1DU)
熱伝導率(λ)W/m・K 0.023
品名 GIボードW
JIS A9521 基材による区分 硬質ウレタンフォーム断熱材
種類(製品記号) 3種1号D(PUF3.1DU)
熱伝導率(λ)W/m・K 0.023

ギルフォームについて

完全ノンフロン、優れた耐熱性

フロンの代わりに地球温暖化係数が極めて小さい炭化水素系発泡剤を採用することで、従来の断熱性能をそのままに、地球環境に優しい断熱材を開発しました。 また、ギルフォームは、270℃の高温にも2次発泡しない極めて高い耐熱性能を持っています。


良好な寸法安定性、厳しい省エネ基準に対応

寸法安定性に優れたギルフォームは、過酷な温度変化などから長期間にわたって躯体を保護し、建物の耐久年数を延ばします。 また、十分な圧縮強度を持っていますので、露出防水上での点検等の歩行にも防水層を破損させることはありません。
また、昨今では高気密・高断熱を目指し、断熱基準が一段と強化されています。 こうした次代の動きに柔軟に対応し、厚さの制約が少なく、建物の要求に応じて断熱材の厚みを自由に選べるのが外断熱防水の特長です。
そしてその主役は完全ノンフロン断熱材、ギルフォームなのです。



▲このページの上へ
Copyright © 2009 ICK Co,LTD All rights reserved.