地球温暖化防止、オゾン層保護、省エネ・ヒートアイランド対策などの環境問題を身近な問題として捉え、その解決に取り組んでいます。

防水材のトップメーカー アイシーケイ株式会社
ホーム > 環境への配慮
会社概要
施工事例
製品情報

環境への配慮

我が社のヤリガイ
採用情報
サイトマップ
環境への配慮
海面上昇、気候変動、温暖化・・・

温暖化で変わる地球環境

人間や動物にとって住みやすい環境は、温室効果ガスがバランスよく大気中に含まれていること。 ところが近年、生産活動や消費活動の拡大に伴って、地球が過度に温暖化する恐れが生じてきました。 我が国の二酸化炭素排出量は、約12億トン。世界第4位の多さです。
年々気温が上昇し続ける日本。100年後には4℃〜5℃も上昇するのではないかと分析されています。 このまま温室効果ガスの排出が続くと、2100年までの間に、海面は9〜88cm上昇するとIPCCは発表しています。 このような海面上昇は、海抜の低い国にとっては国の存亡にかかわる重大な問題。 一日も早い温暖化抑制対策が待たれているのです。

オゾン層破壊は地球規模の問題

太陽光に含まれる有害な紫外線から私たちを守ってくれているオゾン層。 エアコンや冷蔵庫の冷媒やスプレー、さまざまな用途に使われているフロンガスが原因で破壊されています。オゾン層が破壊されると、人の健康や生態系だけでなく、植物やプランクトンの成育にも大きな影響を与えます。全世界でオゾン層の観測が行われていますが、日本では札幌、つくば、鹿児島、那覇、南鳥島で観測が続けられており、札幌では減少傾向が確認されています。  また、南極では、2003年(平成15年)に過去最大規模のオゾンホールが確認されました。


アイシーケイは、地球環境対策に積極的に取り組んでいます。

当社では、こうした時代背景をいち早くとらえ、環境対応型ウレタン塗膜防水「オルタック」の他、ノンフロン断熱材「ギルフォーム」においても、環境への配慮を最優先にした研究開発が行われています。 「ギルフォーム」は、炭化水素発泡剤を使用することにより、ODP(オゾン層破壊係数)ゼロ、GWP(地球温暖化係数)の極小化を実現した革新的なノンフロン断熱材なのです。

▲このページの上へ
Copyright © 2009 ICK Co,LTD All rights reserved.